キャリ女のための幸せ婚活~MIRAI DESIGN CONCIERGE

大手都市銀行に約20年総合職として勤めた後、結婚相談所、キャリア相談所(MIRAI DESIGN CONCIERGE)を開業。日々の思いや近況を語ります。

個人事業主の母に聞いてくる娘~『ママ~、ママの会社って女の子何人いるの?』

我が家の娘は、今小学校1年生と保育園年少クラスの2人です。

私が個人事業主となって以降も、朝は相変わらず慌ただしく、7時半に起こし、

8時10分に家を出ています。

(会社員時代は、6時50分に起こし、7:20分に出る日常でした)

 

本当はもっと早く起こし、食事の時間をゆっくりとって、、とは思うものの、

自分自身睡眠をしっかりとってきてそれが一部奏功していると感じていることもあり、

なるべく間際まで寝かせ、朝ご飯後急いで着替え⇒バタバタと家を出ています。

 

今朝、小1の娘のランドセルの中身を確認していると、4歳の娘が、

「ねえママー、ママの会社って、女の子何人いるのぉ~??」

と無邪気に聞いてきます。

 

????

 

私は今、大企業勤めをする会社員ではなく、個人事業主なので、「1人」

なのですが。。。そこで娘に、

 

「会社はママが作ったから、ママ一人なの」(⇒本当は「会社」ではありませんが)

と返事をすると、

 

娘二人とも

「え--------------っ!!!」

の反応。

 

そうですよね。。娘たちが知っている世界は、保育園だったり小学校だったりして、そこには沢山の女性が働いています。

前職では、「家族と早帰りデー」というイベントが毎年夏にあり、以前2回ほど私の職場に娘を連れて見学させたことがあります。

その時のイメージもあって、驚いたようです。

でも、具体的に何に驚いたのかは私にもよくわかりません。1人、ということになのか、作った、ということになのか、、、。

 

また、私が、「〇〇ちゃん、お母さんと一緒に働いてくれる~?」というと、次女が、

「うん!」といって寄ってきて、登園準備を手伝ってくれました。

(そうじゃないんだけどなあ、、と思いつつ、可愛らしいのでそのまま手伝ってもらいました)

 

そうこうして登園後、私一人になり思ったのは、何年かかるか分かりませんが、同志とともに事業を育てていくステージにいきたいというもの。

決して簡単ではないと思いますが、1日1日の積み重ねの先に、大きく描いていければいいなと思っています。

 


ワーキングマザーランキング